子供を読書好きにした我が家の方法。

こんばんは。kamdyです。皆さんのお子さんは本を読みますか?

我が家はみんな本が好きです。先日ママ友とお茶していて子供が本を読まない!という話題になったので我が家流の子供を本好きにする為にやっていた事を書いてみたいと思います。

その前に本が好きである事で良かったと思える事があります。それは、ずばり国語

長男は中2でそろそろ高校受験も見えはじめていますが、絶対絶対外せない教科、国語。好んで勉強しないけれど(むしろ嫌い)読解、論文ともに要所を押さえています。論文で4段論法などが自然に使えているのは文章を多く読んでいる成果でしょう。

小4次男も作文が得意です。次男は冒険物が特に好きなので、文章の盛り上げ方がとても上手い。キャプションなんかもニクいところをついてきます。

また1ヶ月前の漢字検定3級。ちょうど部活の大会と重なってノー勉(お恥ずかしい・・)で挑みましたが合格していました。結果をみると「読み」がパーフェクトなんですね。これも多くの活字に触れている結果かなと思います。

我が家は私が本好きなので、子供にも本の世界を知って欲しくて子供が小さい頃から工夫していましたが、これから子供をぜひ本好きにしたい!という方のお役に立てたら幸いです。

1・リビングに本棚をおこう♪

bookshelf

 

まず良かったと思うことの1番はリビング、それもソファの横に本棚を設置したことです。ゲームをしてもTVをみてもちょっとしたスキマ時間があるもの。そのとき本が近くにさえあれば、絶対手を伸ばします。本が常にそばに、できれば手を伸ばせば届く範囲に😄置きましょう!

 

2・子供のレベル・興味に合わせた本を親が揃える

リビングにいつでも手に取れる本。まずは無理なく読めるレベルのものにします。

小さい頃は絵本や図鑑(写真をみる)、小学生になったらおすすめなのが学習漫画やシリーズものの本。アニメやゲームキャラのノベライズ本も良く読みました。コナンやカービィも活字で読めるんです!文字いっぱいで読む気がしない・・のをうまく誘導してあげましょう。慣れてくれば学年以上のレベルの本も読むようになります。

そして子供が興味をもつ本を並べてやります。

その時の子供の興味にあった本。お料理に興味をもったら子供のレシピ本、歴史なら歴史漫画、サバイバルや不思議生物UMA系など、その時その時の子供の興味を見逃さないで知識を広げてあげると子供はがっつりハマます!

子供は興味がどんどん変わっていきますが、面倒がらず用意します。・・というと「難しい」と思われるかもしれませんが、わたしは図書館を大いに利用しています。まずは図書館で。今や図書館はネットで予約ができるんですよ~ありがたや~。

購入する際もまずはネットで中古を探しますよ。手に入らないものは潔くamazonでポチ!😄本に関しては惜しまないようにしています。

3.一緒に読もう♪

これは育児法でもよくいわれていますよね。でもやってみて本当だなーと感じています。お茶とお菓子を用意して一緒に本を広げる。または親が読んで面白い体験を伝える(この本○○な内容なんだけどハマったわーなどなど。)子供の読んでるものを自分も読んでみる。

要は本と読書がある雰囲気を作るということでしょうか。因みにレンタルコミックを安い日にどっさり借りて家族で読みふけnight✨も楽しいですよ~本には変わりない😉

読書は知識を増やすためだけでなく、ドキドキワクワクしたり優雅な気持ちになったり、また苦しいときの指南や救いになってくれたりするもの。これからも家族で読書のある生活を楽しみたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です