メンタリストDaiGo 超集中力**読書記録

自分を操る超集中力
この本はとっておきたいのでkidleで購入♪

メンタリストDaiGoさんが好きです。

DaiGoさんのパフォーマンス、凄いですよね!!TVで見る「ババ抜き」なんかもう鳥肌ものです!それが、マジックなどとはまた違う視点、心理学から成り立っているというのがとっても興味深い🤔 TVでパフォーマンスをする域にまで心理術の精度を上げるのには相当量の勉強と、実践があるはずです。

知識と練習量に基づいて築かれるDaiGoさんのパフォーマンス。そのDaiGoさんがどんな風に時間を使っているのか興味ありませんか?

私も好きなことをして働きたいと一念発起しパートを辞め、ハンドメイドの販売とこのブログを書いているのですが、家仕事なので時間の上手な使い方は最重要項目。

DaiGoさんの新刊本は「超」集中力

これによって時間を自分で操ることができるのだと。

読んでみて、とても具体的で実践の仕方が分かり易い。また文体も分かり易いので一気に読んでしまいました。私の心が弱いからではないのね..ほっとした!😁

生活全てに共通する時間の使い方。大変為になりますよ!
これは来年受験生である長男にも伝授していきたいと思います。
以下本文より一部抜粋

集中力のある人、ない人の差は、その仕組みを知り、トレーニングを積んでいるかどうかの違いだけ

前提として集中する為には人間の前頭葉が司る「思考や感情をコントロールする力=ウィルパワー」が必要。ウィルパワーは容量があるのでそれをうまく使うことが、集中力を高めるトレーニングになります。

ウィルパワーをうまく使うためには

  • 選択肢を減らす(人間は行動ではなく、意思決定で疲れる)
  • 保留にしないで即決する
  • 細々とした雑事はメモし、夕方などにまとめて処理する
  • 作業を習慣化する
  • 作業は時間を区切る(25分の集中と5分の休憩を繰り返す)
  • 25分間の作業はひとつだけに絞る
  • これを3セット、1時間半で1タスクのイメージを作る
  • 良質な睡眠
  • 目の疲れの軽減
  • 不安を書き出す(心配する、という事に使われるウィルパワーを節約できる)
  • 超早起き(一日で一番集中力の発揮できる、起きてからの2時間を有効に使う)
  • TODOリスト(優先順位の明確化)を毎朝おこない、出来なかったことは悔やまない
  • 1日に一時間~2時間程度のだらだらしてもいい時間をつくる
  • 週2日は帳尻合わせ用の余白をつくる(大まかな目標は週単位で)

私がTODOリストを作ってもなぜ見込み時間をオーバーしてしまうのか

ここが一番の課題点でした。この答えが明確にパーキンソンの法則としてのっていました。

仕事は完了するために割り当てられた時間に応じて複雑なものへと膨れ上がっていく。」人は時間があると感じると様々な選択肢を考え、試行錯誤を重ねようとする性質なあるそうです。だから、「今日は作業にあてられる時間が8時間もある」と思った途端に集中力散漫になりあれもこれも片付けたくなってしまう。んですね。

私のTODOリストがいけなかったところは、大まか過ぎた=自分がこなせる量が分かっていなかった=時間と内容を細かく分けていくことができていなかった ですね。ナルホドーー😓😃

これを上記のDaiGo流ウィルパワー法則を実践すれば、うまく流れが掴めそうな気がします!

TODOリストの優先順位↓からこなし、出来なかったものは忘れてまた翌朝TODOリストを作っていく。90分1タスク、それ以外やらない。大まかな目標を週単位にし、帳尻合わせの日に修正する。この辺りから実践していこう思います!
work
こういう本を読むとワクワクします♪これからの人生、もっと自由にもっと豊かになるために日々を大切に過ごしたいです✨

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です