仕事が好きな男の楽しい週末 投資×企業研究レポート

こんにちは。仕事が好きなkamelaboの父さんkameよしです。

今までも投資はしてきましたが、仕事好きとしてしては、そう経営者をめざす。未来をリアルにイメージしてもう一度勉強し直す。1勝3敗で収入5万円を目指す。会社勤めをしながら他社を分析できる力をつけていく、という

株式投資 × 企業研究

をレポートしていきたいと思います。

今週の企業は いい生活(証券コード3796) です。

 特定の企業の株式購入をおすすめするものではありません。毎度のことですが、投資はあくまで自己責任でお願いしますね。

【会社概要】

この会社さんは IT と 不動産 という組み合わせでビジネスをやっている会社さんですね。不動産会社支援システムをクラウドサービス「いい物件One」というサービスをメインに提供しているようです。

クラウドサービスとは最近流行りですよね、実は私が勤めている会社もクラウドサービスを提供する会社。勝手にご縁を感じながらも、よくよく見ていくことにしましょう。

公式サイトhttp://www.e-seikatsu.info/

経営陣は金融関係の方が多いみたいです。

売上の構成をみてみると、受託開発は多少あるようですが そもそも情報販売の色が強い感じのサービスかなと。なので、そこまでお客様個別に開発をするという色は薄いです。

初期費用をお客様からいただくのは毎月、500万円程度です。一方で月次の利用料金は1億4000万円。法人1200社が取引先。1社から毎月120,000円いただく、堅実なビジネススキームです。

【なぜこの会社】

ストップ高 出来高急増 株価上昇 の観点から見ていきます。

2017年3月17日に 出来高が前日から比較して急上昇し、株価も大幅に上がっています。450円(+60)と10%以上の上昇をしています。

また1株単位が 100株からなので、 40,000円から 50,000円あれば投資可能ですね、手軽でいいかもしれません。

【業績が順調かどうか】

過去3期分の売上高をみていきましょう。

年度  売上高 利益    経常利益
2015.03 1,851   119  120 
2016.03 1,934  125  125  
2017.03     2,044   182   181

業績は順調に上がってきているようです。まだまだ20億円規模に売上なので規模は大きくないかもしれませんが、法人の契約先がのびていけば、成長余地はあるのではないでしょうか。ただ、クラウドサービスの会社ってこうやってゆっくり成長していくのがいいモデルなのです。だからあまりサプライズはないかも。

【昨年の4半期と比較してどうか】

決算期 売上高 営業益 経常益
 15.01-03 473 28 29
15.04-06 457 2 2
 15.07-09 482 30 31
 15.10-12 494 45 44
 16.01-03 501 48 48
16.04-06 493 34 34
 16.07-09 506 54 54
16.10-12 490 31 30

毎Qが作年と比較してかならずしも堅調、順調という状況ではないようです。ほとんど売上の幅にブレがないので、月額売上が座布団のように積み上がっていくと収益率がよくなるモデルでやっぱり間違いないだと思います。クラウドサービスの会社はだいたいこのような基調になっていきます。

受託開発はやってないのかな?いわゆる、大手のシステム開発を受託しました!的な一大きな売上はないんでしょうね。

【ニュース】

なぜ上昇したのか、何か新しい取り組みや開発、イベントがあった可能性はチェックしていきたいと思います。

2017年02月02日 の4半期決算の発表では、10-12月期(3Q)経常は32%減益 ということでマイナスのニュースが一つありました。

2017年03月16日 に単月の決算速報がありこちらもチェックしてみると特段売上高 利益ともに大きなインパクトがある変化はみつけられず。

この単月報告の内容は 個人的にですが、めっちゃ参考になります。

ただ、過去のニュースをさぐっていくと多少受託開発をやっていた節があります。今期はあまりそれがないようです。ひょっとすると大型の案件を受託したのかもしれないなと。

 

😊淡い期待を含みながら 来週早々に試し買をいれてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です